リファレンス

リファレンスとは、あるデータが格納されている場所を指すデータ型。
データの頭にに「\」を付けて生成する。
my $scalar = \$aaa; # スカラー
my $array = \@bbb; # 配列
my $hash = \%ccc; # ハッシュ
my $function = \&ddd; # サブルーチン

参照元にアクセス、すなわちデリファレンスするには
my $aaa = ${$scalar};
my @bbb = @{$array};
my %ccc = %{$hash};
my &ddd = &{$function};

# 配列、ハッシュで各要素にアクセスするには

# 配列
@{$array}[0];
$array->[0];
# ハッシュ
${$hash}{'aaa'};
$hash->{'aaa'};

# サブルーチンに引数を渡すには
&{$functino}(0,1);
$function->(0,1);

配列、ハッシュ、サブルーチンのリファレンスをを定義するには以下のようにします。
# 配列
my $array = [1,2,3,4,5];
# ハッシュ
my $hash = {'aaa'=>0, 'bbb'=>1, 'ccc'=>2};
# サブルーチン
my $function = sub{print "Hello World.\n";};

ref関数を使うと参照元のデータタイプがわかります。
ref($scalar);   # SCALAR
ref($array);    # ARRAY
ref($hash);     # HASH
ref($function); # CODE

以上です。                                             >>9. オブジェクト指向