ファイル操作

ファイルを扱うには、まずopen関数でファイルをオープンする必要があります。
open(FILEHANDLE, MODE, FILE)
# という感じで、3引数使います。2引数でも使えますが、3引数が一般的です。
# /var/log/messages というファイルを読み込んで、表示するには以下のようにします。

open(my $fh, "<", "/var/log/messages")
	||die "cannot open file -> $!";
	# ここは、ファイルがオープンできなかった時の処理です。
	# $!は、エラーメッセージが入ります。
while(<$fh>){ # ファイルハンドルに対応したファイルを1行づつ読み込む。
	print $_; # 1行づつ表示する。
}
close($fh); # オープンしたファイルハンドルをクローズする。

# ちなみにMODEは、以下があります。
# <  ファイル読み込み
# >  ファイル書き込み(上書き)
# >> ファイル書き込み(追記)
# +> 読み書き用
# +< 読み書き用

# ファイルへ書き込むには以下のようにします。
open(my $fh, ">", "test.txt")
	||die "cannot open file -> $!";
print $fh "あいうえお"; # test.txtへ「あいうえお」と書き込まれます。
close(my $fh);

openを使って、外部コマンドの実行もできます。
open(my $cmd, "| tasklist"); # Windowsで起動プロセス一覧を表示する。
close($cmd);

# コマンドの実行結果を読み取ることもできます。
open(my $cmd, "tasklist |");
while(<$cmd>){
	print $_;
}
close($cmd);

# ま、こんなややこしいことせずともコマンドを実行するだけであったら
# system関数を使うとよいです。
system("tasklist");

# こんな方法もあります。
my $cmd = `tasklist`;
print $cmd;

ファイル検査演算子
ファイルの状態、属性を確認する為にいろいろな演算子があります。
POSIX準拠でWindowsだと利用できないものもあります。
演算子 意味
-r 読み込み可能かどうか
-w 書き込み可能かどうか
-x 実行可能かどうか
-o 自分のものかどうか
-e ファイルが存在すれば
-s ファイルサイズが0かどうか
-z ファイルサイズが0かどうか
-f 通常ファイルかどうか
-T テキストファイルかどうか
-B バイナリファイルかどうか
* 他もありますがおいおい。

以上です。                                                   >>6. 正規表現